chiruru-zのブログ

zerowaste勉強中のブログです。

お小水の回数がわかるハンカチトイレットペーパー

 

 

ハンカチトイレットペーパーを使うようになって

暫く経ちます。

 

他に家族がいるのでトイレットペーパーを買う量は

残念ながら あまり変わらなかったのですが

ちょっと嬉しいことが!

 

 それはトイレの回数が直ぐにわかること!。

 

 

私は家に居ることが多いので役に立つのですが

洗濯物を干す時に その日のお小水の回数がわかります 笑

 

 これね、高齢になった時に役立つと思うのです。

病院でお小水の回数を聞かれても答えられる!

 

高齢になればなる程重要です。

 高齢になると筋肉が衰え排尿の回数が増えるそうです。

その他お小水の回数が増えるのには色々な原因があるそうですが

それもお小水の回数を質問されます。

 

私は2回手術していますが、看護師さんに

いつもお小水は何回ぐらい?と質問されても ん?何回かな〜

という具合。ここに関してはアバウト過ぎる自分がいます。

も〜中年から初老と言われる年齢。

お小水の回数は大切です。

 

ゼロウエストを目指し始めたハンカチトイレットペーパーですが

高齢になった時に役立つ事がわかりました。

 

毎日洗濯をする我家だから出来ることではありますが

高齢になっても続けられたらな〜と思います。

 

 

 

 

 

オロナイン軟膏

 

冬になると あかぎれ になります。

父も肌が弱かったので遺伝かもしれませんね。

 

何度皮膚科へ通ったことか

ですが主婦湿疹と呼ばれる手の荒れは

傷を治す抗生剤とワセリンを処方されるだけの物

 

抗生剤軟膏はチューブ入り ワセリンはプラスチック容器入り

この容器は洗って持ち歩き用のクリーム入れなどにしていますが

沢山あっても困りものなので悩ましい容器です。

 

たまたま娘が買ってきたオロナイン

娘はニキビ治療に使うそうですが 私の手に聞くからと渡されました。

 

f:id:chiruru-z:20181209130939j:plain

 

これがあかぎれの痛みに効いたのです。

さすが古くからあるものだなぁ〜と思いました。

あかぎれに薄い膜を作るのか 塗って暫くすると痛みが消えます。

冬場の救世主。乾燥肌の痒みも消え有難いものでした。

 

蓋はプラスチックですが、容器はガラス。

使い終わったら自作のクリーム入れに使おうかと思っています。

シールを剥がせば白いビン。色々使えそうです。

 

チューブタイプの軟膏は燃えるゴミになってしまう地域なので

これで少しだけですが 燃えるゴミを減らせました。

 

小さなコトからコツコツと生活を整えて直そうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

無くなってしまった!

 

 

この写真 今年の夏に写した写真です。

 

 

f:id:chiruru-z:20181004102044j:plain

たまに用事で行く場所のビルの横にサボテンが植わっていました。

 

私の背丈より大きくなったサボテン

 

雨の日の撮影で花が潰れていますが、実物はとても綺麗でした♪

 

去年は咲いていなかったので嬉しくなって撮影したのですが

先日通るとサボテンが切られてしまっていました 涙

 

四季のある日本で頑張っていたサボテンの最後の花

 

このサボテンの先祖は何処から来たのか

なんて思ってウイキペディアで調べたら

 

日本には16世紀後半に南蛮人によって持ち込まれたのが初めとされている。彼らが「ウチワサボテン」の茎の切り口で畳や衣服の汚れをふき取り、樹液をシャボン(石鹸)としてつかっていたため「石鹸のようなもの」という意味で「石鹸体(さぼんてい)」と呼ばれるようになったとする説が有力[2] であり、1960年代までは「シャボテン」と表記する例もあった(伊豆シャボテン公園は1959年に開園)。

 

ウチワサボテン?シャボン? 汚れが落ちる? と新たな発見をしました!

本当かしら? 我家にはサボテンが無いので検証できませんが

なんとなく皮膚には良いのでは?なんて思ってしまいました。

 

伊豆シャボテン公園の名は 南蛮人のサボテンから!

ずーっと不思議に思っていた サボテンを シャボテンと呼ぶ謎も解けた!笑

 

いつかバナナワニ園の謎も紐解いてみたいチルルです。

何故バナナとワニだったのか?  ワニはバナナ食べないのに…

 

それとウチワサボテンを絞って身体を洗えるならば 洗濯も可能?

なんとなく柔軟剤の役目もするように思うのですが アロエでも同じ効果が

あると面白い!と思いました。

 

あ、因みに火傷には必ずアロエを使う我家

皮をむいて その皮ごと火傷した部分に貼り付けておくと

軽度の火傷などはとても良くなりますよ。薬より安全で安心です。

 

 

エコとエゴは隣り合わせか? 長文注意 汗

 

私のゼロウエスト生活のヒントを下さる ぽこさんが

御自分のエコはエゴと隣り合わせなのだと 良く仰るのですが

私はぽこさんはエゴでは無いと思っていてね、

何がぽこさんから見て私はエゴではないと思うのか

と長い間考えていました。

 

 

とても簡単な話なのですが

自分のしてきたゴミ出しまくりの生活を反省して認めているだけなのです。

 

なので 決して ぽこさんのエコはエゴではないと思うのです。

ぽこさんがエゴならば環境問題を実践して改善しようと思う方は全て

エゴイストになります。  笑

 

私は元々はプラスチックが嫌いで買う物は長く使える物

木製 ステンレス製 鉄製 陶器 などなど買い揃えるのが好きでした。

実はテッシュもあまり使わず 使い捨てから遠い存在だったのです。

 

それがね、子供が生まれ忙しいからと使い捨てを使いまくり

仕事をしてからゴミを大量に出す毎日

環境に悪いったらありゃしない生活を続けていたのですよ。

 

ふと 仕事を辞めて周りを静かに見る時間が出来た時

誰かの物が大量に我家に入り込み 自分も時間が無い事を理由に

便利グッズを揃えていた事に気が付いたのです。

便利は逆に物が増えて不便になっていました。

 

それを私は子供達に謝りました。なにせスッキリしない我家なのです。

子供の環境的には良くない場面ばかり。

自分の非を認めて 話したのです。

家の中の大量な誰かの荷物の事

環境の事 どー自分が在りたいか どー子供達になってほしいか

どーやったら色々な環境を整えられるかと日々少しずつ話しました。

 

子供といえども20歳を過ぎた大人相手

先ずは自分の非を認めて改善策を練って実践しているだけ。

 

口で言い聞かすより実践すれば 減ったという

事実は出来てしまう。 それを見て子供達が真似をしだすだろうと思って

今迄日々ゴミと自分の塩梅を色々反省しながら探っているのです。

 

事実 子供達はCDやDVDは場所を取るだけの無駄になるゴミ だとか

これ買ってみたけれど無駄だったとか色々反省しています。

そして買う時に とても考えるようになりました。

無駄が無駄じゃないを生み出して来ています。

なにせ母は無駄な物を沢山抱えて 反省ばかりしているのですから

あーはなりたく無いと思っているでしょう  笑

 

 大人相手なので 話すより行動かな〜とね。

これが小さな子供を相手にする時には違うと思うのです。

お魚が苦しんでいる 動物が苦しんでいる 地球が苦しんでいる

それが自分の身体も蝕む 未来も蝕む

ゼロウエストやヴィーガンの情報を自分で得る事は子供には難しいですしね。

私も子供達に 尊敬する きゃすぴえさんが載せて下さった映像も見せたし

説明もしましたが もー大人だから自分で見れるし考えられるし感じ取れる。

そこは違いがありますね。

 

私が ただ単に話すのが面倒と言うのもあるのですが

人って特に大人は あ、我子だけかもですが、

納得するまでに時間が必要で

その時間は人によって違うと思っていて

小さなお子さんには日々言わなければ忘れるし

大人にはそれぞれの考え方があるので 反省する私を見ながら

自分で気がつくのを待てば良い的な部分が

ぽこさんから見たらエゴに見えないのかなぁ〜と思いました。

 

だって子供達よりゴミを出して来ちゃって

子供達よりも物を持っている私が説得してもね〜

バブル時代の人間はゼロウエストの説得力に欠けていますから  笑

 

それよりも、反省している姿の方が説得力がある。

事実ですからね。

 

ずっと 何故エゴに見えないのかと考えていたのですが

こーんな簡単な事でした 笑

反省している姿を前々から見せていただけ。

 

ゼロウエストの話を人にする時にも

以前は反発と非難を浴びていたのです。

ここで嘆いた事もあって

きゃすぴえさんが私は革命をしていると教えて下さって

革命?  そっか〜新しい事を取り入れるには良い事でも反発も批判もあるのだと

フッと嫌な気持ちが消えた経験をさせて頂いたのです。

 

 革命って  あらためる  って意味もあってね

元に戻す って意味合いもあるのです。

昭和や大正 明治時代が全てが良いとは私も思いません。

参考にするだけ。

 

でも時代を戻す事は出来ないけれど あらためる事は出来るのでは?

ときゃすぴえさんに教えて頂いた気がしてね

反省し前進し、後退しながらも継続すれば環境は良くなるのでは?

と 人に伝えるようにしたら反発も減りました。

 

 エゴってエゴイストってウイキペディアで見ると

 

利己主義者のこと。他人のこうむる不利益を省みず、自らの利益だけを求めて行動する人のこと。フランスの社会学トクヴィルによると、個人主義者とは厳密に区別される。 

 

と書いてあるのです。これが正しいと仮定すると

環境問題に関心がある方はエゴイストでは無いのではないでしょうか?

確かに自分の子供や自分自身の健康だけを考えて環境問題を捉えていれば

エゴイストに近いかもしれません。

でも私のブログを見にきて下さる マモさんもきゃすぴえさんも

わのわさんもぽこさんも その他の見にきて下さる方も

エゴイストならば私のブログを見にきて下さらないでしょうね。

 

自らの利益だけを求めるならば見る必要がないですから。

口に入れる物だけを厳選すれば良いだけなら 私のブログは

お役に立てないはずです 笑

 

 エコがエゴと重なる時があるとすれば

それは他人に対し立場や環境や意見を聞かずに無理やり強制する時であって

日々プラスチックゴミを1人睨み 毎週重さを計っては孤独に1人悩み

反省と前進を繰り返す。

そんな方が一歩間違えばエゴイストになり得るとは思えないのは

私だけでしょうか? 笑

ご意見お聞かせ下さい♪

 

はっ!長文になりましたね〜すみません!

説明下手なもので 汗

 

 

 

お祭り

随分前に 町のお祭りがありました。

成長しても娘が行きたい様子だったので

身体に悪そうだけれど子供2人を誘ってみました。笑

 

ゼロウエストなのに〜と自分でも思ったのですが

日頃私のゼロウエストに協力をしてプラスチック入り買い物を

遠慮がちに口にする子供達なので お祭りくらいは目を瞑ろうとね。

 

それでもゼロウエストを意識している子供2人は

お店全体を見てまわり、プラスチック入り容器が一番少なくすむ

大盛り焼きそば店を選び 1人分の容器で数人分をドカンっと入れる店舗をチョイス

 

殆ど手提げビニール袋の中で溢れ 容器は必要だったのかと思う量でした。

他数点、殆どが紙袋入りの物を選んでいました。

 

まーゴミは出てしまうのですが子供達のゼロウエスト努力を感じる事が

出来るゴミでした。

その努力を感じると 1年に一度の事だから 私が何かで頑張ればね

なんて思ってしまったのです。

 

偉そうに車内で。

 

私も家族全体が一丸となって!とは思うのですが

車内で待っていた私が  楽しかった?と娘にたずねると

お兄ちゃんが お店の人とジャンケンして勝ってね!などとワクワクしながら

話すのです。

あー楽しかった!

ゼロウエストじゃないのに連れて来てくれて有難う!と娘。

 

そこで話を聞きながら娘の有難うに違和感を感じて自分を振り返りました。

私も娘の年代にはお祭りへ行き 疑う事無くゴミを出しまくり その後結婚をし

子供が生まれ 紙オムツを使いまくり、食事に気を配り 添加物を気にし

そしてゴミについて反省をしゴミを出さない努力をする。

と段階を経たからこそ今の自分があるのよねーと。

 

考える合間に娘に返事をし 息子に返事をし 

 

また考えると

ゴミを出しまくったのは? あれ?私でしょう!

子供たちに負担をかけてるのは私達大人!とね。

 

考えると子供達は私より若くから考え 

先祖が汚した地球環境をゼロウエストを通して良くしようと

今 正に努力をしてきたのです。

 

あれ? 子供達に有難うと言うのは私ではないの?と。

子供達に偉そうに 目を瞑ろう! などと思ってしまって〜汗

恥ずかしい………

 

負の遺産は大人の責任だとつくずく反省した母でした 。

 

しかし 今は急いで環境破壊を止めなくてはならず

お祭りなどと悠長な事を言っている場合ではないのは事実です。

でも、そんな無駄な事が子供の心を育てる。難しい。

私達が楽しんだイベントを子供達も楽しめる方法も考えなくてはならず

それも大人の責任なのだと町のお祭を通し考えました。

 

 何かを選択すれば何かを失う

選択とは難しい。

自分が選択した事が正しい方向へ向かうように願うばかりです。

 

ん〜環境問題って奥が深い。

 

 

 

楽しめなかった温泉

先日、温泉地に住み替えた友人宅を訪れました。

 

一人暮らしの友人 リタイヤするまでは外食かコンビニ弁当

作る物はお鍋かカレーだそうで一人暮らしの男性にありがちの感じ。

 

一人暮らしだから自分以外の手作りの食事がしたいと言うので

食事を作り さー食事をするぞ〜とお箸やスプーンの場所を聞くと

その引き出しにはコンビニから頂いた割り箸とスプーン フォークが

それぞれ100本はあろうかの数 数 数

 

驚いてしまって わー!使い捨てばかり!と言ってしまい

とても失礼な事をし、私の家族にその場で怒られたのですが

スプーンもフォークもお箸も自分の分しか持っていないと言うのです!

 

まー独身一人暮らし1人だと必要なかったのだとは思うのですが

ならば何故コンビニで貰う? 1人だから不要でしょう!要らないって言わなきゃ!

と思ってしまいました。

 

家族の怖い目線が私を見ていたので これは心の中で言いましたよ  笑

 

後日、新たに作った露天風呂に友人を招待して老後を楽しむんだと言う友人に

我家の不要なスプーンとフォーク ナイフ お皿等を差し上げたのですが

きっと水道代が東京より高いと嘆いていたので差し上げても使い捨てを使うの

だろうなぁ〜と思ってしまいました。水道使わずにそのまま捨てれるし 汗  

 

あ〜んなに大量のスプーンやフォークや割り箸のストック

あれだけ数を揃えるには 大量のコンビニ弁当を食べ続けてきたはず。

1日1枚のコンビニの袋 365枚 お弁当の容器365個 だとすると〜

えーグラムにすると〜1日10グラムと仮定して〜  

なんて計算をしてしまいました。笑

 

そんな事を

とても素敵な出来たて檜露天風呂に入り

遠く海の向こうに見える海の灯をボーッと見ながら考え

ここは何ひとつ楽しめ無い場所だわ!

と思ってしまったチルルです 笑

 

 価値観とは色々ですね〜  汗

 

 

 

 

こんなの初めて♪

ぽこさんから贈り物が届きました♪

 

f:id:chiruru-z:20181116105438j:plain

 

大きなリユース封筒に 紙に包まれたローリエと蜜蝋!

 

こーんな罪悪感も無く、全てがリサイクルにまわせる贈り物は初めてです!

もー何もストレスが無いのです!!!

こんなにも気持ちが良いとは!驚きです!

 

先日叔父がお菓子を下さったのです。

今は猫のオモチャになっているビニール紐を解き

包装紙を綺麗に剥がす為に注意をはらい リユースに備え

更に中にノシが巻かれ それを メモ用に切り

やーっと紙の蓋を見れて 何かに使えそう!と確認し

蓋を開けたら ビニール袋に入ったお菓子が個別包装だったのです。涙

分別が永遠に続くのかと泣けてくる体験でした。

 

この ぽこさんと叔父のプレゼントの違い大きい!

今までゼロウエストを意識した贈り物を頂いた事が無かったので

これ程違うものかと思い感動しちゃって〜!

皆がこーすれば地球は変えられると思える瞬間でした!!!

 

あ!私はと言うと〜ぽこさんに使って頂きたい布は

そのまま段ボールへ入れたのですが

子供服のお古が倉庫に段ボールで入っていたものだから

紙袋1枚 ビニール袋1枚使いました 後悔です!汗

 

倉庫といっても家の中ですが かなり長い間放置だしね

ダニでもいてお子さん達についたら!なんて考えちゃって〜

かと言って忙しく洗う暇が無かった。

でも早く送って お子さん達のバックを縫ってもらわないと

入園準備が〜なんて色々考えて悩んで ビニール袋を 汗

 

これが間違いだったと気がつくのは 自分が体験して初めてわかるのです!

人間て体験しないと やはり理解できない生き物なのですね〜 涙

 

いやーとても素敵な体験でした。

封を開け 全てがリサイクルゴミ用の紙袋へ ポンポンポン

動作が同じ場所に1 回だけ

 

勿論ローリエローリエの香りも 貴重な蜜蝋も とても嬉しかったのです。

と〜ってもね。

でも でも 一番の贈り物は このゼロウエスト包装の体験でした。

 

こんな素敵な体験 なかなか体験できるものではないのです。

この感じた感覚  周りに話そうと思います。

きっとね いつか誰かが体験した時

あ!これがチルルの話していた感覚 と思い出してくれると思うのです。

 

その時初めてプラスチックフリーや過剰包装や

ゼロウエストの大切さを感じてくれると思うのです。

今は皆さん耳が痛い話を聞き流しているけれどね。

でもプラスチックフリー嫌々ながら周が伝染してきているのですよ。

 

で、マヨネーズの空瓶と 海苔が入っていた缶と

リユースされて我家に来た密封瓶へ入れて保存しました♪

入れ物に入れるだけの贈り物♪  良いでしょう?♪

f:id:chiruru-z:20181116112921j:plain

 

リユース入れ物で更にテンション上がります♪

 

今回は私の不用品をお渡しするつもりが

とても貴重な体験の贈り物を頂いて ぽこさんに感謝ばかりです!

 

あー誰かに この体験をプレゼントしたい!

 

そんな風に思える事って 人生で何度も体験出来る事ではないので

皆さんにシェアしたいと思いました。