chiruru-zのブログ

zerowaste勉強中のブログです。

オルト珪酸ソーダの石けん

 

オルト珪酸ソーダの皮膚科医のお医者様の作り方

 

マキノ出版ゆほびかのサイトにあったので載せておきます。

ゆほびか健康雑誌です。今でも売っているのか知らないのですが

作り方、本を探さなくても載っていたのでね。

 

マキノ出版|ゆほびか|Dr.Imaiの手作り健康術:美肌せっけん

 

これには尿素も入っているようですね〜。

廃油石けんだからかな。肌に良さそうです。

 

オルト珪酸ソーダも薬局で買えるようです。

あ、尿素も薬局で買えますよ。

 

ご興味があれば是非作ってみて下さい。

石けん その3

 

過ぎ去った台風の恩恵で涼しかったので

 

作り始めて17時間かかってしまいましたが型入れです。

 

見えるかな〜石けんタネを持ち上げても後がほんのり残り

文字が書けて、少し経つと消える程度に固まりました

f:id:chiruru-z:20180809132757j:plain

白っぽくなれば間違って手についても安全。すぐに水で流せば大丈夫ですよ。

泡立ちませんけどね。

 

これを型に流します。寒天の型も持っていますが

何年も前に作り貯めた牛乳パックがあるので、今回は牛乳パックで。

ゼロウエストを知る前なので2つの切り開いた牛乳パックを重ね合わせて

ホチキスで上になる重なり合った四隅を止めています。

 

牛乳パックはお持ちでない方も多いと思うのですが

型から外せれば何でも良いのです。ガラス製品は難しいと思いますが

ケーキ型やプリン型や何でも。外れにくかったらそこに少しお湯をかければ

外せます。綺麗には出来ないかもですが、用途には問題ないですよ。

漏れない素材なら何でも良いのです。

 

以前はこの牛乳パックをタコ糸で縛って均等な石けん作っていましたが

面倒なのでやめてみました!ゴミでるし。笑

石けんの型もネットで買えます。アクリル板で何度も使えますし

綺麗な形の石けんができますね。木の板で型を作る方もいました。

染み込まないのかな〜なんて思いましたが、木だと使う石けんも安全かな〜

なんて思いました。私が使う牛乳パックは内側に

プラスチックコーティングがしてあるので絶対安全とは言い切れませんしね〜。

あ、でも使い終わったら洗ってリサイクルには出せると思いますよ。

 

 

 

f:id:chiruru-z:20180809133655j:plain

 

型に入れた石けんを段ボールに入れるか発泡スチロールの箱に入れるかして保温するのですが

保温する理由は鹸化が早く進むからだけなので、台風が去って暑さが戻る日本。

今の時期ならこのままでも鹸化が進みます。冬は保温しましょう。

 

私はあいにく段ボール箱も発泡スチロールの箱も持っていないので

このまま上から空き箱の蓋を被せて冷蔵庫の上に。

 

猫がいるので、そこだけが昇れない範囲なのです笑

 

ついでにと思って廃油石けん作ったのですが、寝ている間に鹸化が進みすぎて〜

それでも無理やり型に入れてみたのですが鹸化された所とされていない所で

マーブル模様の失敗作みたいになっていました笑

まー見た目だけの問題なので食器洗うだけだしね。問題ないですね。

 

ここから肌に使うには1ヶ月くらい寝かせます。

ある程度固まったら切り分けて更に熟成させるので1ヶ月かかります。

 

ぽこ33さんにリクエスト頂いて良かった〜

冬場だともっと寝かすので時間がかかります。

良い時期にリクエスト頂きました ♩

 

 

私が参考にした本は古いのですが

f:id:chiruru-z:20180725115222j:plain

 

とても古いので中古でも売っていると思いますよ。

数年前大手古本屋さんで見かけた時には200円位だった記憶があります。

新刊の時に買ったので1800円もしたのです。それが200円!と思って笑

 

この本の良い所は色々な油の説明がされているのです。とても詳しく。

苛性ソーダの扱いも写真で詳しく書かれているし、今まで見た本の中では

全てが写真で詳しく説明がされていて無駄がない。

そこがお気に入りで手放すことなく持っている本です。

 

色々な香りや野菜の色付き石けんも作ってみました。

私の中で石けんブームだったのでね。

肌に良いとするものは入れてみたり泡立ち良くしてみたり

 

でも持続するには簡単で安価なオリーブオイル石けん1番だと思いました

後はスクラブ石けん作るくらいですかね〜。コーヒーカスやヒジキや

色々入れられるのですが、1番喜ばれたのはコーヒーカス石けん

 

嫁入り先の仕事場に沢山の職人さんがいるのですが

研磨剤使うので爪の間が黒くなってしまうのです。

コーヒーカス石けんと爪ブラシを置いておいたら

みなさんに喜んで頂きました。

何度も洗うので手がカサカサになるそうですが

オリーブオイル石けんだったので手荒れは軽減され

コーヒーカスで油や研磨剤も落ちやすかったと言っていました。

 

私の石けん知識はこれくらいしかないのですが〜

あまり参考にはならないですね〜笑

 

また石けんを切り分けたらブログに載せますね。

 

あまりお役に立てそうもないですが、まー石けんて簡単に作れますよって事で 笑

 

 

 

 

石けん その2

一晩経った石けん 下の苛性ソーダと混ぜたばかりのモノより白っぽくなりました

f:id:chiruru-z:20180809090015j:plain

f:id:chiruru-z:20180809090206j:plain

これが鹸化。鹸化が進むと白っぽくなります。

 

台風の影響で涼しいので鹸化が進みずらいですが、あとひと息待ちます。

まだサラサラしているので、もー少しトロッとね。

 

待つ間に、苛性ソーダの取り扱いを説明します。

 

苛性ソーダは薬局で購入できるのですが、劇薬指定なので購入する時に判子が

必要です。千円しないで買えると思います。

 

苛性ソーダは正しい名前は水酸化ナトリウム。化学式だとNaOH 

小学校の理科の実験でリトマス試験紙を使ったアルカリ性と酸性の実験授業があったと思うのですが、あの時にアルカリ性の水溶液として先生が用意したのが苛性ソーダの水溶液です。上から覗かないでね。と言われたアレです。

リトマス紙で目で確認したと思うのですが、とても強いアルカリ性があります。

身体につくと火傷をした状態になりますので扱いには注意が必要です。

目に入れば失明の恐れもあるそうです。

石けんに使う水溶液の濃度だと、とても強いアルカリ性があるのでタンパク質を

変化させて火傷状態になるそうです。水溶液でも、溶かす前の物でもです。

 

苛性ソーダは薄い板状がフレークになって容器に入っています。

空中の水分も吸ってしまうので、分量を出したら必ず蓋をして下さい。

固まってもつかえますが、使いずらくなります。

 

それと水溶液にした時、熱を発して刺激臭を出します。

溶けたかな〜なんて思って上から覗かないで下さいね。

むせてしまいます。

 

と色々と書きましたが、要はそっと扱えば問題はなく

間違って溶かす前の苛性ソーダが肌に着いたら良く払って

水で洗い流せば大丈夫。

口に入ったら大事ですが、おしゃべりは控えて静かに扱えば

大丈夫です。

万が一の時はお医者様に行って下さいね。

 

まーこーやって書くとやる気無くなってしまうと思うのですが

扱いに慣れれば大丈夫。

これだけをクリアすると石けんは簡単に作れるものなのです。

 

廃油石けんもオリーブオイル石けんも同じ作業

少し廃油石けんの方が鹸化がはやいので注意するぐらいです。

 

ただ、迷うのが苛性ソーダの容器

こればかりはプラスチック容器から逃れられません。

最近はビニール袋入りもあるようですが、開封後プラスチックタッパーなどに入れて置かないと空気中の水分吸って化学反応してしまうしで、なかなか面倒です。

それが入るプラスチックタッパー購入も検討しなくては〜ですし。

 

前に何かで読んだのですが、日本では石けんを個人で作って売るのは法律上問題があるようで、なかなかパッケージ無しの石けんに出会う事はないのです。

木箱に入っているマルセーユ石けんなどは売っていますが、とても高価ですし

日常使うには悩むお値段。

で、ゼロウエストを知ってから石けんを紙に包まれた物を買うようにしたのです。

頂き物だと紙ばかりで有難いのですが、紙も資源。これもね〜なんて考えると

行きずまりますね。

 

 

今回古い新品苛性ソーダが家にあったので使いましたが

使い終わったらぽこ33さん方式で容器グラムを計ってみようと思います。

 

色々なところに潜む目に見えない目の前にないプラスチックや資源

せめて少なく最小限に使いたいですね。

 

また固まってきたら石けんブログに載せますね。

石けん作り シリーズその1

今日は台風で外へ出れないので石けんを作りました。

 

用意するものは

・オリーブオイル 500cc

・苛性ソーダ       53グラム

・水道水             180cc

 

道具

・ステンレス か ガラスのボール

・温度計 2本

・油を温める為のボールが入るお鍋

・泡立て器

・ステンレススプーン

・水を量る計量カップ

・計り

・ゴム手袋

・発砲スチロールの箱か段ボール箱

・毛布(段ボールだと保温性が欠けるので発砲スチロールの箱なら夏場はいりません)

・石けんを固めたい型 ( シリコンでも牛乳パックでも寒天型などなど、固まってから        

                                       取り出しやすい物なら なんでも良いです)

・タコ糸 (私は牛乳パック以外で作るなら不要)

・保冷剤か氷

・ステンレスの串か菜箸を1本 (菜箸は お料理には使わず石けん用にした方が良いで

                                                    す)

・蓋に2つ穴を開けた瓶 750cc程度の物

 

1回目は簡単に説明しますね。詳しくはまた その2で。

 

まずは水道水と苛性ソーダを計ります。

苛性ソーダを瓶に入れて水道水を注ぎ菜箸でかき混ぜ溶かします

これに温度計を入れて、水と氷を入れたボールで38度から40度に温度を下げます。

油をボールに入れ湯煎で温度を38度から40度に温めます。

同じ温度になったら苛性ソーダに蓋をして穴からチョロチョロ出しながら

油に注ぎ 注ぎながら泡立て器で混ぜます。

20分混ぜたらタネを寝かせる。何かで蓋をして時々思い出したら

分離したタネをかき混ぜる。

黄色かったタネが白っぽくなり、字が書けるくらいに固まったら

型に入れる。

f:id:chiruru-z:20180808211612j:plain

油を湯煎で温めて温度計で計っています。

f:id:chiruru-z:20180808211645j:plain

苛性ソーダを水道水と混ぜると温度が上がるので、冷やして温度を下げます。

f:id:chiruru-z:20180808211703j:plain

オリーブオイルと苛性ソーダを混ぜたところ。黄色っぽくなります。

 これが鹸化すると白っぽくなります。

 

ここまで出来たらお皿で蓋をして待ちます。

我家は耐熱のプレートが透明で見やすかったので それで蓋をしましたが

蓋はサイズが合えばなんでも良いです。

 

明日は詳しく色々と細かい事を説明します。

明日になったら多分鹸化すると思うので その写真もね。

もしかしたら台風の影響で涼しいから 明日に固まらないかもですけどね〜

まー試してみましょう。

 

ペットボトルでの作り方は安全で簡単なのですが

ゼロウエストのお宅には無いと思うので少々安全性が欠ける

ボールで作りました。

瓶では試したこと無いのですよ〜瓶で作れば ペットボトルのように

安全性がますし簡単かもですね〜。

いつか試してみましょう。

 

ではでは明日に持ち越しです。

 

 オルト珪酸ソーダ(オルト珪酸ナトリウム)での石けんの作り方を

YouTubeからお借りしてきました。

youtu.be

私はオルト珪酸ナトリウムを使った事がないのですが、この方法もあるよ〜と

いう事で参考にしてみて下さい。ウイスキーの瓶で作る事ができます!

ウイスキーの瓶で作る石けん。簡単で素敵ですね〜♩

ソープナッツ

ソープナッツを長い間見てみたいと思っていました。

 

買うのではなく木も見てみたいとね。

 

今日は朝から用事で出掛けたので調べておいた神社に帰り掛け寄ってみました。

 

日本ではソープナッツをムクロジと言うそうで、ムクロジの木を検索すると

神社仏閣に多くあると書いてあり、木は霊力があると言われていたので神社仏閣

に多いのかな〜なんて想像してみました。

 

写真を撮り忘れたのですが、その木は私が抱き付いても手の先は付かないであろう

古木の太い木でした。雷が落ちたのか、古木だけに折れてしまったのか

上部は折れていて、ですがそこからまた元気よく枝をだしていましたよ。

木の生命力って凄いですね。

 

で、お参りをしてから 下を見てキョロキョロ。

誰かに見られたら とても怪しいキョロキョロオバさんに見えたでしょうが

今年の春先に落ちた実があるわけないよね〜

今朝竹箒で砂を綺麗に整えてあるし〜

と思ったら 上からポトって落ちてきたのです!

 

えー!

神社の神様来た〜!

 

と思ったのですがね

私よくカラスにからかわれて何もしないのに石落とされるのですよ〜!

ドングリとかも

通るだけで………

 

石落としたい後頭部の形状なのですかね〜?

なので屋根の上にあった実を暇なカラスに落とされたのだと思うのですがね

まーなんにしても実を見付けてラッキー!とばかりに拾ってきました ♪

f:id:chiruru-z:20180806145022j:plain

この中の実が羽根つきの羽の黒い部分だそうで剥いたら出てきました!

f:id:chiruru-z:20180806145138j:plain

で〜泡立つのか実験!瓶に外側だけ入れてふってみました!

f:id:chiruru-z:20180806145325j:plain

5、6回で この泡立ち! ほほ〜!ってニヤリとしちゃいました。

 

洗濯に使ってみたい!

 

来年も この神社へお邪魔します!

 

カラスいないと良いけど〜

 

頭に落とされると結構痛いし………

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の買い物

昨日買ったお肉  いつものお肉屋さん。

f:id:chiruru-z:20180805193114j:plain

 

このお肉を包む経木(キョウギ)って紙だけどヒカヒカと光沢があるけど何?

と不思議に思って調べました。

 

光沢の正体はパラフィン

パラフィンはロウだそうです。

 

今まで買い物へ行ったら直ぐにガラスタッパーへ入れ替え

直ぐに洗って乾かしてリサイクルゴミに出していたのですが

ヒカヒカに疑問を持たずリサイクルへ出していてました。

 

まー素材がロウならば問題はないでしょう。

確かめてないけど。

 

次の問題は挽肉の買い方

挽肉だけは何故かビニール袋入りのお肉屋さん

 

まー挽肉を買う時には量が多いので経木からハミ出てしまうから〜

だとは思うのですが、これをクリアすればビニール袋完全フリーなのですけどね〜。

 

言いにくい 

2つに分けて紙に包んで欲しいとは………

気の弱さが挽肉ビニール袋を生み出しています。

 

1つ解決すると

また1つ

 

解決はエンドレスの続きます  涙

 

プラスチック製品て面倒くさいですね。

 

 

 

 

 

キルティング素材

子供達が幼い頃 幼稚園や小学校へ持って行くレッスンバッグは手作りしていました。

 

キルティング素材で………

 

作りかけや余りの生地が残っていたので深く考えずヤスリ入れを作ろうとね。

 

あ、ヤスリは古いもので倉庫に眠っていたもの。

錆びている物も沢山。手入れをすれば使えそうだったので

ヤスリ入れを作ろうと思って。丈夫な生地はそれだけだったのでね。

 

キルティング生地ってアクリル綿が生地と生地の間に挟んであって

みなさんご存知だと思うのですが切るとアクリル綿が飛び散る!

そこで初めて  はっ!  マイクロプラスチック!  と………

 

遅いっ! 気がつくのが遅すぎる!

 

さんざ裁断して気が付いてから周りを手で拭うと

ザラ〜っとする 汗

猫が寝ているうちに急いで掃除機かけました。

 

もーキルティング生地は買いません。

 

そこで気が付いたのですが

そーいえばコットンのキルティング用のキルト芯ってあったよね〜と。

昔々お付き合いでイヤイヤながら通ったパッチワーク教室で見た気がしたのですが

今でもあるのでしょうかね。

コットンの接着芯は母が持っていたので見たのですがね。

 

なんの知識もない時、今でも知識少ないですが 汗

キルトしてあるキャラクター生地

沢山買っては子供のレッスンバッグ作っていました。

 

そんなトコロにもマイクロプラスチックが潜んでいたなんて〜

思いもしませんでした。

 

これ道具入れなので洗う事は無いと思うので良いですが

洗ったら大量のマイクロプラスチック出しそうですね。

きっと今まで大量のマイクロプラスチック出してしまいました。

 

反省です。