chiruru-zのブログ

zerowaste勉強中のブログです。

古シーツと50年ものの刺繍糸

生地が薄くなり破れたシーツ1枚から色々とカバーを縫っていますが、生地も薄くなっているので なるべく洗わない物に作りかえています。

 

去年父の家から出てきた色褪せたトイレホルダーのカバー3個

グレーのタオル地2個とピンクタオル地が1つ (  昭和チック )

使った形跡はなく所々日に焼け色褪せ変色も。

使っていない新品だった為に父は捨てられなかったのだなぁと思って

私も家へ持ち帰りました。

下の部分の予備ホルダー部分だけを高齢者用の手摺につけて

トイレットペーパーを入れていました。こんな感じ ↓

f:id:chiruru-z:20190616154606j:plain

あまり重要性もなく、無くても困らないのですが、まー子供が予備のトイレットペーパーを補充していない事に腹を立てずにいられる利点はあります 笑 

 

f:id:chiruru-z:20190616154854j:plain

こんな色のピンクもあって、ホルダーの色褪せが酷かったのですが写真を撮ってなくて、上部カバーだけをパチリ。この部分は綺麗に残っていますが、ホルダー部分は変色で まだら模様だったのでシーツに刺繍をし、包んでみました。

 

f:id:chiruru-z:20190616155118j:plain

右のは現在使っているラルフローレンの既製品。

左が今回アップサイクルした物。

古シーツに50年前の刺繍糸で刺繍したものを縫い付けただけ。

ラルフローレンに色を合わせてみましたが、どうでしょうね〜。

 

あ、因みに見える部分だけに刺繍して裏は………笑

 しかも適当刺繍なのでジックリ見てはいけませぬ!

なんでも雰囲気が良ければオッケー!な私なので適当なのです。

でも、そんな適当さが長続きする秘訣かも♪  と思っています。

 

この刺繍を あと2個分すれば 手の届く予備トイレットペーパーは4つ

4つも?と思うのですが、人数が多いと使う量も多いのですよ〜

 

お母さ〜んトイレットペーパー無いよ〜! とムカつく声を聞かないですむのは

私の健康上も重要 ♪  ホルダーバンザイ\(^o^)/ ですね〜笑

 

 

 

 

 

食器洗いはタオル♪

長い間食器洗いに何がベストかと色々使いました。

 

ですが、ふと思い出しました。

きゃすぴえさんのブログに書かれた旦那様の言葉。

当時は そっか〜布巾で洗っているのね〜それも良いなぁと思ったのですが

その時は使える物が家にあり、そっか〜と思って脳の片隅へしまわれた記憶になりました。

 

その事を思い出し ある日手元にあった薄いタオル地で洗うと

f:id:chiruru-z:20190611170140j:plain


おお♪  良い感じ♪

石鹸を擦るのも容易だし泡も立てやすい、そして一番の良い所は この角を使うところ

 

f:id:chiruru-z:20190611170349j:plain

 

ここがタッパーの蓋の溝や 水筒の蓋の溝を綺麗にしてくれるのです。

むふふふ〜と口元が緩みました。毎回急須の口を洗うブラシで洗っていましたが

これもたまにすればね。

 

これは食事時の手拭きにしていた物です。手拭きはまだまだあるので、

手拭き→食器洗い→雑巾→ウエス  と順番におろして行けば無駄がないかもしれない♪

 

我家は布巾よりタオル地が多いのでタオル地を使いますが

布巾を同じようなシステムにすれば無駄がないかもですね♪

 

これで暫くは食器スポンジの代用品も買わず我家の中で循環。

タオル地で洗う様になり 以前より丁寧に洗う様になりました。

そして両手を使い自作石鹸を水で洗い流します。

何故か他の物を使っているころより丁寧になりました。笑

 

我家は毎日洗濯機を回すので、夜に衣類と一緒に洗ってリセット。

そして石鹸使用も減らそうと思っていたので、夕食後に使った湯呑みや

マグカップ等は石鹸を使わずにタオルだけ洗います。

これも頭の片隅にインプットしていたもので、マモさんが汚れの軽い物は洗剤無しで

と書いているのを見て、そーよね、何もかも洗剤で洗わなくても良いのよね〜と

ヒントを頂きました。

 

こーやって少しずつ 今迄当たり前だと思っていた事を脱ぎ捨てて行くと

敢えて断捨離をしなくても物は減っていくのだなぁ〜と実感しました。

 

本屋さんへ行くと 丁寧な暮らし  と書いてある本を沢山目にしました。

中を拝見していませんが、本当の丁寧な暮らしとは どんなものなのだろう

と最近は疑問が湧きます。

 

それは私達人間の作った言葉ですが、真の丁寧な暮らしをしているのは

人間以外の生き物ではなかろうかと ふと思いました。

 

少しでも生態系を崩さないよう お借りしている場所で自分にできる努力をしたいな

と思う今日この頃です。

 

布で食器を洗う!  よければお試しください♪  

 

 

グラノーラバー

前回の成功から何度か色々試し、やっとバーになったグラノーラバー

 

今回はこのレシピを拝借しました。有難う御座いました♪

メイプルシロップのグラノーラバー by tekutekuto 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが311万品

 

前回の成功は甘過ぎてカロリーも凄そうで汗

 

家に置いておくと危険なので、大学へ持って行かせ研究室の生徒さんに食べて頂いて数を減らしました笑

 

今回は小麦も入るのですが、しっかりと固まりになりました♪

 

が、娘のグラノーラバーのブームは去ったようで 笑

これは また研究室行きですね〜。家に置いておくと誰かのお腹に入るのでね〜汗

 

またブームがきたら作って持たせようかな〜と思います。

 

ここ1、2年 ゴミを出さない事に集中していたら 計画的に食材を購入するので

外食も減り お弁当を急遽買ってーなんて手抜きも減り 家で食事をする事が増えました。

 

ある日2.3日朝から忙しい時があり娘が学食か大学で売るお弁当を買うから良いよ〜

と言ってくれたので作らなかったのですが、どーも学食は混むらしく

コンビニでおにぎりを買ったようで  肌荒れが酷いと………。

 

娘は添加物入りを食べると気持ち悪い と言い出す子なのですが

コンビニのおにぎりは大丈夫だったようで食べてしまったようです。

申し訳ない事をしたなぁと反省しました。

 

まーこれでコンビニおにぎりは買わなくなるでしょう笑

それもお勉強ですね。

 

私などが作る食事はたいしたお料理ではないのですが

やはり家で作ったものは買ったものよりは安心。

食材さえ怪しい〜と悩む時代。せめて手料理を、と思う出来事でした。

 

忙しくても母は頑張ります!

 

 

 

冷蔵庫のカーテン

我家には冷蔵庫が2台。

1つは一人暮らしだった兄妹の家庭用の通常の物で、1つはキューブ型の小さな冷蔵庫。

どちらもお古ですが有難いことに現役です。

 

家庭用の冷蔵庫には古いビニール風呂敷を切って両面テープで各段に貼り付けてドアの開閉時に冷気が逃げるのを防いでいますが

 

キューブ型冷蔵庫は飲み物位しか入れないので開閉は比較的スムーズ。

気になりながらも カーテンをつけていませんでした。

 

ですが、昔の冷蔵庫のように氷を作れる部分に最近は霜がつくのです。

という事は誰かが開けっ放しで飲み物を注いでいる可能性が!  

 

そこでカーテンだ!とね。

先日カードケースを作った残りの  廃棄した布団袋のビニール!

不織布は残念な事にゴミにしましたが、透明ビニールとビニールバイアスは取置きしていたので、それでカーテンを作りました。

 

で、コレ!

f:id:chiruru-z:20190605115544j:plain

 

四角く切った厚手ビニールに切れ目を入れビニールバイアスを縫い付けただけですが

これで以前よりは冷気が逃げるのを防いでくれるはずです。

 

残念ですが 取り付けは両面テープです。

 

家庭用の冷蔵庫に貼っている古い風呂敷はペラペラで時折めくれて直すのが手間ですが、これは厚手なので重さもあってか飲み物を出し入れしても自らもとへ戻り便利に感じました。冷気も逃げにくい様子です。これは透明傘よりは厚手ですが、透明傘の素材も洗えば使えそう。ゴミの日を見ているとビニール傘って結構な頻度で捨てられていますものね。あれ勿体無いですね。いつか拾ってみようかな。とても勇気がいるけれど 汗。

 

ではでは、

また頑張ります!

 

 

 

 

フラワーチルドレン

私のブログを読んで下さる方はお若いので御存じない方が多いかもしれませんが

フラワーチルドレン、ヒッピーと言う言葉を耳にした事があるでしょうか?

 

これを読むとわかりやすいかな♪

ヒッピーがペンタゴンを包囲し、向けられた銃口に花を挿した日|TAP the DAY|TAP the POP

 

私はこの時代に生まれ育ちました。

 

 この頃ビートルズが初来日をし、インタビューで

「 名誉と財力のつぎに欲しいものは? 」と聞かれ

彼らは 「  平和  」 と答えています。

 

当時の日本の若者は小さな頃に戦争体験をした若者で

フラワーチルドレンやビートルズ の平和を願う心に打たれたのだろうと思います。

 

その後日本でも1970年代に入ると小さな頃に戦争体験をした今80代の方々が学生運動をしたり、この時にも花のサンフランシスコ同様日本でも歌ができて

それが はちのムサシが死んだのさ  という曲で、当時とても流行した歌です。

 

これは 表向きは動揺で、蜂のムサシが太陽に挑み負けて死んだという歌詞。

この曲、実は学生運動を示唆した楽曲で、ムサシという1人の青年が国を変えようと国家という太陽に挑戦して焼かれて死んたという内容、当時はテレビでこうした思想を隠し童謡だと押し通したと作詞家は言っているそうですが、

この歌を歌っていた方々舞台ではヒッピーの服装でした。

私は当時叔母が花道を習っていて、アルバイトで花を生けていた銀座のクラブで偶然ステージに上がらされ一緒に歌った経験があるのですが、その時の服装がヒッピーだったというのは今でも映像で鮮明に覚えている記憶の1つです。

 

60年代70年代という時代は 簡単に言うとこんな感じの時代ですが

プラスチックフリーや、ゼロウエスト、ヴィーガンベジタリアンアフリカ系アメリカ人公民権運動と同様の社会運動と思っていて、プラスチックフリージャパンの小島さんが仰っていた  「  我々は消費者ではない  」  の言葉が それを表しているな〜なんて先日思いました。

 

私の場合は家庭という小さな範囲の極々小さな社会運動でお恥ずかしいですけれどね 笑

 

きゃすぴえさんとの遣り取りの中でヒッピーという言葉が出て来たので書いてみたブログですが、私も周りにプラスチックフリーやゼロウエストを発信しながらも  

 

蜂のムサシを歌いながらフラワーチルドレンでいたいな〜と思いを馳せる日曜の朝でした。

 

f:id:chiruru-z:20190602123232j:plain

 

ハチのムサシは死んだのさ https://g.co/kgs/cYy9zU

 

 

ゼロウエストに関係ありませんが

迷惑メールが1時間ごとにきます。

 

どこから漏れたのか?

 

数日前に変えたばかりのメールアドレス。この時も一晩で34件の迷惑メールが来たので変えたのですが また。

 

他所様でアドレスを教えたのは3人だけで、家族は日頃ショートメールなのでメルアドも知らないのですよ。笑   ポイントなどの登録もしていないし、こーいうのどこから漏れるのでしょうね〜。たった数日で漏れるのですね〜。

 

ガラケーなのでLINEやフェースブックなどもしないのですが

どこから漏れるのか。ふーって感じです。

 

闇が深いお仕事だなぁと思いました。

 

もしかしたらプラスチック使い過ぎかも!それで闇が深く〜。

プラスチックフリー生活の本を読んで 相当身体に悪いと確認。

脳にもダイレクトに悪そうですよね。

 

この本が沢山の方の目に触れると良いなぁとメールを眺めながら思いました。