chiruru-zのブログ

zerowaste勉強中のブログです。

気持ちとゼロウエストを繋ぐ

昨日ぽこ33さんがお書きになったブログに

とても感動したので皆さんにも読んで頂きたくて

ご紹介させて下さい♪。読んだら感動します。

 

ゴミダイエット記録75 友人&ご近所さんのゼロウェイスト - こちらゼロウェイスト学会!節約ハンドメイド研究員

 

私ね、このブログを読んで感動して涙が出ました。

この指人形を作った方の甥っ子さんへの愛情の気持ちはもちろんですが

その愛情を繋いだ方々へもです。ぽこさんで5代目の繋ぎ手。感動です。

 

そしてね、どこも剥がれたり壊れたりしていない

5代目で綺麗な使える状態という事は代々受け継がれた方が

修理しているのでは?と思いました。

子供は物を壊すのも仕事です。

壊して初めて丁寧に扱う事、壊した罪悪感や悲しさ優しさ

物は壊れる物、永久ではないのだと学んでいきます。

ふんずけられたり、おもちゃ箱でグチャグチャになったり

兄妹間で取り合いになったりを経験しても5代目まで手渡された

アンパンマンは それまでの子供達が壊して

人として学ばなければいけない事を学んだ証だと思うのです。

そして、それを修理したお母様は心を育てたのだと思います。

 

私のブログを読んで下さる方は使い捨てを良しとしない方々ですが

百円ショップやファストファッションを好んで使う方の中には使い捨てが当り前だと

認識している方も多くいるのを知った時 とても驚きました。

私の認識では家計を助けてくれるお助けマンだったからです。

学生が一人暮らしをする時や、も〜高価な物は要らないという

お年寄り、学祭に使う物を予算内でお安く手に入れたい学生さん

もちろん主婦もお世話になる事もあるでしょう。

色々な意味のお助けマンが百円ショップやファストファッション

だと思っていたのですが、ゼロウエスト、環境問題を話した時に

とても違和感のある返答をした方々は、この両者を使い捨ての店舗

と認識していました。

 

豊かさって物が沢山手に入る事、 使い捨てをして楽に生きる事では

なくて 手に入ってきた物を愛おしく思い長く使える創意工夫をし

その創意工夫を身に付けていく事で、

人は成長し豊かな心が養われるのではないのかなぁ〜

なんて思うのですよ〜。

なのでお子さんが物を壊したら一緒に悲しんで下さい。

決して怒らず改善策を練れば良いのです。

私はこれを祖母がしてくれました。有難い教えの1つです。

 

このアンパンマンの指人形を拝見して 豊かな心を5代に続き

育んだ作り手さん そして修理して豊かな心を育てた親御さんに

私はとても感謝したい気持ちでイッパイです。

 

何故かというとね、

 

時代はどんどん変化しているみたいでね

お医者様は人工知能と患者さんの架け橋 という存在に変化し治療し

人が計算しなくても一瞬で膨大なデータをもとに計算し株価を変動させて

売り買いをする。人間の脳が考えるより正確で時短な事ができるそうです。

人工知能が色々と活躍すると 本当の意味での人とは…が問われる時代が来るだろうと

知りました。ホワイトカラー、文系理系などの言葉はなくなり変化する!と

I T に携わる方々が話していました。時代は目紛しく変化し始めているようです。

ある方は テクノロジー時代になり子供が大人にテクノロジーを教える時代

子供が大人に物事を教える時代は今まで無かった。初めての新時代だと

話していらっしゃいました。確かに私も…と思うのです。時代の変化です。

 

人工知能は必要な面が多いでしょう。良い面悪い面が既に見えている様子です。

ならば私のようなテクノロジーと無縁できてしまい何も貢献は出来ない人は

何をしたら良いのだろうか?と思っていた時に出会ったブログが指人形のブログでした。

 

テクノロジーが発達してからの問題点の1つは倫理観だと思うのです。

人は変化を排除しようとしますし 変化を恐れる方は多いと見受けますが、

世界中の問題、環境問題のゼロウエスト1つをとっても この様な反応を

度々見かけてね〜。これ遠い世界だけではなくて大切な身近な家族 周り

自分の問題だとも思うのですがね〜人に伝える事の難しさを感じました。

これは、倫理観の問題とある意味での素直さの表れだと思うのですが

これで良いのか?と ふと不安を抱く事もしばしば。

テクノロジーが発達した時人工知能が発達した今

ある意味、怖いな〜と思ったのです。

 

でもね、ぽこさんのブログで指人形を手渡して繋いだ方々を拝見すると

そこには大切なモノを育む姿が見えて、心を育てている。

I T  の方々が仰るには

特定の子供だけではなく世界中の子供が

テクノロジーのヴァイリンガルになるそうです。

既になっているのです。

そのヴァイリンガルの子供達は倫理観や創意工夫や物への優しさ

動物への優しさや、更には人への優しさ大切さを知っていなければいけません。

 

生きとし生けるものを愛してゆける者がヴァイリンガルになれば

人工知能は正しい物として活かされていくのでは!と思えるブログでした。

 

我家の子供に話したらね、お母さん大袈裟だよ〜というのですが

人工知能がドローンで戦争ができる時代になっているのに〜

なんとノンビリしている我が子達よ!と少々イラッとしてしまいました 笑。

子育て間違ったかもしれませんね〜いや間違った!我が子に不安を抱きました 汗

 

どーか小さなお子さんをお持ちのお母様方 このアンパンマンの指人形を例にして

心が豊かなテクノロジーヴァイリンガルを育てて下さい。

それが最優先の行動だと思います。

いつか その子供達が海に流れてしまったマイクロプラスチックを

回収する方法を人工知能に計算させる事が出来るかもしれません。

テクノロジーヴァイリンガルが心を豊かに保てる事が

人工知能を、とても優秀な有益な知能を持った道具にする事ではないかなぁ〜

なんてアナログオバさんは思うのですよ〜。

 

そーなる事を願って

負の遺産を少しでも減らせるよう アナログでしか協力できない

初老の私はゼロウエスト実現に頑張ろうと思います。

 

おくがましいブログをお許しください  m(_ _)m